« 久しぶり | トップページ | JT杯観戦 »

2010-05-13

「超実戦」詰将棋

先月は将棋をほとんど触れることが出来なかったのだが、今週はやっと余裕が出来始めてきたので、また詰将棋を再開せねばと思っている。
そんな中、またなんかいい本がないかと帰り道に某古本屋に寄ってみた。将棋以外の本も含め特に掘り出し物はないかと帰りかけていたら、文庫本コーナに「『超実戦』詰将棋初段二段三段」(高橋道雄九段著)を発見!しかも105円。自分にとっては難しいのかもしれないが、105円なら買うよね。迷わず購入。
以前「5手詰将棋」を買った時に、高橋道雄先生の実戦型の詰将棋本で良い評価のレビューを読んだことがあったので、一瞬それかと思ったのだが、それとは違ったようだ。それは「新しい詰将棋初段二段三段」という本で、他に「囲い別詰将棋初段二段三段」と今回の本でシリーズのようになっているようだ。
冒頭の初段の問題ぱらっとみた感じでは、解きたくなるいい問題だなと思った。5手詰とあわせて取り組もう。
あと、この本の面白いところは、ページの下の余白部分だ。将棋用語の英訳が各ページに付いているのだ。問題数分あるから150語かな?実際に将棋の英語を使う機会なんてないのだが、こういう試みをするなんて高橋道雄九段おそるべし。

|

« 久しぶり | トップページ | JT杯観戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1326191/34679798

この記事へのトラックバック一覧です: 「超実戦」詰将棋:

« 久しぶり | トップページ | JT杯観戦 »