MacOSX

2010-03-24

Dumpster

アスペクト比のおかしなmepg4ムービーを拾った。
こういうのはファイル冒頭のどっかの情報書き換えれば直る筈と思い、バイナリエディタで開いてググりながら格闘すること30分。似たような正しいファイルとの違いから訂正箇所に気が付き修正。
mepg4コンテナはQuickTimeコンテナが元になっているので、データ構造(atom)自体はほとんど同じみたいで、解析にQuickTime用のDumpsterというツールが使えることを後から知った。ので忘れないようにメモメモ。(一度昔に使ったことあって落としてアイコン見て思い出した(笑))
リンクはしないが、Apple社のDeveloper Connection(ADC)サイトから入手出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010-02-06

24の棋譜

Macで将棋倶楽部24の「棋譜検索・閲覧」から棋譜が保存できなくて困っていた。

検索後閲覧して棋譜を再現している将棋盤の上に「棋譜」という文字があって、そこをクリックすると棋譜のウィンドウが開くらしいのだが、MacOSX(FireFox)でみつけられなかったのだ。

仕方ないのでWindowsを使って棋譜を閲覧してみた。「棋譜」をクリックするとプルダウンで「見る(Japanese)」というメニューが現れる。と、そこで気が付いた。「棋譜」ってメニューバーのメニューなんだということに。普通のアプリでの「ファイル」とか「編集」とかああいった類いのメニュー。ああ、そいうことか!

そう、Windowsでは各ウィンドウ上部にメニューバーがありますが、MacOSでは各ウィンドウ毎ではなくデスクトップの上部にあります。

そこで、MacOSXに戻って棋譜閲覧してみる。けれどメニューバーに「棋譜」はない…。あれ、おかしいなといろいろ操作していると、棋譜再現のウィンドウではなくそこから検索のウィンドウに戻った時にメニューバー右端に「棋譜」項目が現れる。おお、これは気が付かないよ・・・。

どうも棋譜再現時に棋譜メニューが現れないのはFireFoxの場合だけのようで、Safariでもやってみると、こちらは普通に棋譜再現のウィンドウ表示時に表示される。(まあ、だとしても気付いていたかどうか…)

いや、しかしWebアプリでメニューバーにメニューが追加されるというのは予想外でした。。。

20100206225346 FireFox(MacOSX)での棋譜再現時画面
メニューバー右には「棋譜」のメニューはない。

20100206225341 FireFox(MacOSX)での棋譜再現時画面
棋譜検索のウィンドウに戻る(再現のウィンドウは背面に)とメニューバー右に「棋譜」のメニューが現れる。

20100206225339 Safariでの棋譜再現時画面
棋譜再現のウィンドウ表示時に「棋譜」メニューがメニューバー右に現れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-10-08

MacOSXでBonanza -Kiryu-

以前ここで、Bonanzaはソース公開されてるからGUIだけ作ってMacOSX版を誰か作らないかな、などど言っておりましたが(2月25日の日記でした。)、まさにそれをやってくださってた方がいらっしゃいましたよ。

Cider House   » Kiryu

内包してるBonanza4.1.2と対局するという点からは十分なアプリですね。駒落ちにも対応しているようで、ボナンザ強いので駒落とさせてちょっと遊ぶにはいいアプリでしょうね。

ただ対局よりも棋譜を解析したり、指定局面での指し手や評価値が知りたい私のような人にはかなり物足りない。その辺は今後に期待してみたいですね。(って今後があるのかな…7月に公開されて7月にアップデートされてそのままのようだし…微妙)


やっぱり棋譜解析とかを手っ取り早くBonanzaにさせるツールは自分で書くべきなのかな…。Cocoaしばらく触ってないからGUIは無理でも、.kifか.bod与えるとテキスト出力するようなコマンドラインツールなら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-05-08

GPS将棋すごいね



ちょっと今週末時間があったら、MacOSX上でGPS将棋コンパイルしてみたい。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-03-03

Flex3覚え書き



Flex3SDKを入れた時のDownload元と参考にしたサイトなど。



Download the Flex 3.3 SDK for all Platforms (ZIP, 118 MB)


Adobe - Flex 3: Downloads


MacOSXへの導入のわかりやすい説明


Mac OS XにFlex3 SDKをインストールしてみよう at HouseTect, JavaScripter Blog



Download the Macintosh Flash Player 10 Plugin content debugger (Intel-based Macs) (ZIP, 6.03 MB)


Adobe Flash Player Support Center



ログの設定 /Library/Application Support/Macromedia/mm.cfg



ErrorReportingEnable=1


TraceOutputFileEnable=1


PolicyFileLog=1


PolicyFileLogAppend=1



ログファイル ~/Library/Preferences/Macromedia/Flash Player/Logs/flashlog.txt



Adobe Flex 3 ヘルプ


Adobe® Flex™ 3 リファレンスガイド



Socket用policyファイルのサーバ flashpolicyd_v0.6.zip (ZIP, 12K)


Adobe - Developer Center : Setting up a socket policy file server


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-02-25

Bonanzaのソース公開



Bonanzaのソースが公開されていることを昨日知った!


Bonanza - The Computer Shogi Program


早速MacOSX上でmakeしてみた。すんなりmakeできる!動く!これはすごい。


今まで対局後の検討のためによくBonanzaを利用していたが、私はMacしかを持っていない。そのためParalles Desktopという仮想環境上でWindowsを動かしてBonanzaを利用していた。メモリもかなり食うしできれば仮想環境は使いたくないところだった。


だが、BonanzaがMac上でネイティブに動く!これはいい。


Bonanza本体はCUIアプリケーションだ。MacでmakeしたBonanzaもCUIアプリの部分だ。コマンドをテキストで打ち込むとBonanzaの思考結果もテキストで返ってくる。Windowsではこれを思考部としてGUIにCSA将棋を使って1つのアプリケーションとして動いている。


つまりはこのBonanzaを利用して、マウスで操作する将棋盤をつくればBonanza for MacOSXが作れるってことですよ!まあ自分では作りませんが・・・(付属のテキストによれば、商用利用でなければ配布・改変可なライセンスのようなので誰か作ってみませんか!)


私はBonanzaと対局しても絶対に勝てないので、Bonanzaと対戦するためのGUIはそれほど必要とはしていない。けれども、検討には使いやすくしたい。棋譜ファイルを読み込ませて悪手を指摘させたり、局面を指定してその局面での正解手を教えてたりしてくれるようなツールを作れないだろうかと考えている。


入出力がテキストだから比較的得意なPerlでなんとか書けそうな気はしている。ちょっとずつやっていきたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)